住宅ローンアドバイザー

どんな人が資格を取るのか

どのような目的の人が資格取得を目指しているのでしょうか。

FP(ファイナンシャルプランナー)は、FPの資格以外に複数の資格を持つ人も多い職業です。そのほうが消費者に総合的なアドバイスができる人材としての信頼度が上がるからです。これまでは、生損保販売者資格、証券外交員、宅建取引主任者などが併せ持つ資格の上位でしたが、これらに住宅ローンアドバイザーが並ぶと言われています。同じような立場として、司法書士が住宅ローンアドバイザーの資格を併せ持つというパターンもあります。

それから、大手ハウスメーカーや金融機関の営業マンが、業務命令として資格取得を目指している例もあります。民営化を控えた郵便局の職員が勉強に取り組んでいるという話もあります。適切なアドバイスがセールスのその場で行えれば、住宅ローン選定の早い段階から顧客の囲い込みが可能になります。金融の自由化により、新たに銀行業務や証券業務、保険業務などに進出する企業の動きが多くなる中、今後もその数は増えると予想されます。この流れは中小企業にも及んできています。

一方、住宅を購入する予定がある本人が、住宅ローン選びのために住宅ローンアドバイザーの養成講座に申し込むパターンもあります。特に養成講座の『基礎編』を受講すれば、住宅ローンの基礎を一から学ぶことができます。『応用編』は実際にアドバイザーになるためのコースですから、勉強のみの目的ですと基礎編でも十分価値があるということになります。