住宅ローンアドバイザー

効果測定の受験にあたって

「基礎編」「応用編」の講習が終了すると、その後すぐ効果測定が実施されます。
効果測定を受験するにあたり持ち物やルールなどが決められていますので、必要な物は講習を受講する段階であらかじめ用意しておきます。

・電卓を使用することができます。
 電卓の機能については制限なし(金融電卓等も可)。音を発する機能を有する電卓の場合は消音設定にすること。

・携帯電話の電卓機能の使用は禁止です。

・講習テキストを参照できます。

・解答方式はマークシート方式で行います。

・効果測定時間中、途中退席ができますが、再入室することはできません。


☆合格発表について

「応用編」の効果測定から約1ヵ月後に合否が通知されます。
(平成19年度後期は、平成19年年12月下旬の予定。)

※正式な合格発表日は住宅金融普及協会のホームページに掲載されます。

・合格発表日に協会のホームページに合格者の受講番号が掲示されます。
・受講者全員に合否結果が郵送されます。合格した人には、修了証書のほかに住宅ローンアドバイザー登録申請書等が郵送されます。
・郵送時期は合格発表から数日後となります。(平成19年度後期の場合、平成20年1月上旬の予定)
・申込み後に転居した時は、旧住所を管轄する郵便局に「転居届」を提出し、合否結果の通知を受け取ります。
・修了の判定、効果測定問題及び根拠等に関する問い合わせについては一切応じられません。